コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絹一揆 きぬいっき

2件 の用語解説(絹一揆の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

絹一揆【きぬいっき】

江戸時代中期,上野(こうずけ)国に起きた一揆。1781年上野・武蔵(むさし)の両国で開かれていた絹市に,反物(たんもの)および貫目(かんめ)改所を設置して改料を徴収することを出願した名主(なぬし)・宿問屋(といや)らがおり,幕府がこれを認可したため,作間稼(さくまかせぎ)に生糸(きいと)や絹織物を産していた百姓らが反発,打毀(うちこわし)を伴う一揆となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きぬいっき【絹一揆】

江戸中期,1781年(天明1)に西上州一帯に展開した絹改料反対の農民闘争。上州,武州では農間余業として絹織物,生糸生産が行われ,各地の絹市呼ばれる在市で取引がなされた。絹市には都市問屋の者が出張して買い取り,京都に運んで加工し,全国市場に関東絹として送り出した。18世紀後半,老中田沼意次の主宰する幕閣は,株仲間を公認し冥加金を徴収する政策をとっていたが,これに呼応した形で上州・武州47ヵ所の絹市に対し,10ヵ所の反物および貫目改所を設けて,改料を徴収することを願い出た者があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone