コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続松 ツイマツ

大辞林 第三版の解説

ついまつ【続松】

〔「つぎまつ(継松)」の転〕
たいまつ。 「その杯の皿に、-の炭して、歌の末をかきつぐ/伊勢 69
〔斎宮の詠んだ上の句に業平が続松の炭で下の句をつけたという「伊勢物語」の故事から〕 歌ガルタ・歌貝の、和歌の上の句と下の句を合わせる遊び。 「 - ・十種香・花結びの遊びが女中の手ずさみ相応/歌舞伎・名歌徳」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

続松 (ツギマツ)

植物。トクサ科の多年草,園芸植物,薬用植物。スギナの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

続松の関連キーワード松の葉十種香肥松松明挵る篝屋灯火