歌貝(読み)うたがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌貝
うたがい

室内遊戯の一種。ハマグリ貝殻の内側に『伊勢物語』や『古今集』などの有名な和歌の上句と下句を書き分け,それを合せて取り,取った数の多少を競う。下句を書いた片方の貝 (出貝) を座の中央に並べ,他方の手持ちの上句を書いた貝 (地貝) と合せる。この遊びは平安時代の貴族の間に流行した貝覆 (かいおおい) と貝合 (かいあわせ) から発展した。近世になって,貝の代りに紙札 (カード) が用いられるようになり,歌がるた (いわゆる百人一首) に発展した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うた‐がい〔‐がひ〕【歌貝】

蛤(はまぐり)の貝殻の両片に、1首の和歌の上の句下の句を分けて書き、歌ガルタのように取り合いする遊戯。のち、貝殻に代えて金銀箔を押した将棋の駒の形の厚紙を用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

歌貝【うたがい】

江戸時代に創案された歌がるたの一種。外来のかるたに由来する天正かるたが江戸時代に庶民の賭博用として流行したのを受け,有職家・故実家らの歌がるたを別格とする考えから作られた。歌がるたの源流である貝覆(かいおおい)に似せて将棋の駒形とし,名称も〈かるた〉を用いないようにしたといわれる。遊び方も貝覆に準じ,一方に和歌の上の句,他方に下の句を書いて出貝,地貝と名づけ,地貝を並べ,出貝を合わせて,多く取ることを競った。
→関連項目貝合

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うたがい【歌貝】

江戸時代に将棋の駒形に作られた特殊な形の歌がるた。外来のかるたに端を発する天正かるたが,江戸時代になって庶民にまで流行し,賭博(とばく)に用いられたとき,有職家,故実家の〈歌がるた〉を別格とする考えから生まれた。天正かるたと同一視されるのを避けるため,形も長方形とせず,歌がるたの源流である貝覆(かいおおい)の貝の形をかたどって将棋の駒形とし,名称もかるたを用いず,歌貝という語を使うように努めたといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うたがい【歌貝】

歌ガルタの古名。平安時代の貝合わせから発展し、蛤はまぐりの内側に和歌の上下の句を書いて、その二枚の貝を合わせる遊び。のちに金銀箔はくを押した将棋の駒の形の厚紙を用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うた‐がい ‥がひ【歌貝】

〘名〙 歌ガルタの古称。貝の両片を合わせる平安時代の貝合わせが発展し、蛤(はまぐり)の両片の内側に和歌の上、下の句を書いて、それを取り合わせる遊び。のちには、貝に似た将棋の駒形で金銀箔押しの厚紙を用いた。遊びの方法は、下の句の札を円形に並べ、上の句の札は中央に伏せておいて、互いに順次めくっていき、上の句と下の句とが合ったものを取って、数多く札を取ったものを勝ちとする。貝や厚紙に書く和歌は、「伊勢」「源氏」等のもののほか、自作のものも用いた。駒形。続松(ついまつ)。〔随筆・雅遊漫録(1755)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の歌貝の言及

【歌がるた】より

…これら歌がるたの中で,《小倉百人一首》だけが普及して今日まで残り,広く愛好されている。なお,江戸時代に歌がるたのことを一部で歌貝,続松(ついまつ)などと呼んだこともあるが,これは,賭博(とばく)かるたと同一視されるのをきらったためで,定着せずに終わったようである。続松とは松明(たいまつ)のことで,《伊勢物語》の中の,女がよせた歌の上の句に,男が答えて,続松の炭で下の句を書き加えた故事によるものとされている。…

※「歌貝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android