続翁宗伝(読み)ぞくおう そうでん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

続翁宗伝 ぞくおう-そうでん

?-1594 戦国-織豊時代の僧。
陸奥(むつ)の人。曹洞(そうとう)宗。安房(あわ)(千葉県)長安寺の懐州周潭(えしゅう-しゅうたん)の法をつぐ。頭を柱にうちつけて悟りをひらいたという。長安寺住職ののち同国の竜江寺と最福寺をひらいたとされる。文禄(ぶんろく)3年2月死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android