綾岡輝松(読み)あやおか きしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

綾岡輝松 あやおか-きしょう

1817-1887 江戸後期-明治時代の日本画家。
文化14年生まれ。綾岡有真の父。生家は江戸日本橋の呉服屋。絵を柴田是真(ぜしん),書を中川憲斎にまなぶ。書画の版下制作を業とした。嘉永(かえい)3年湯島天神に迷子石を建立し,迷子石流行の先駆けとなった。明治20年5月24日死去。71歳。姓は池田。通称は奈良屋吉兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android