コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綾岡輝松 あやおか きしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

綾岡輝松 あやおか-きしょう

1817-1887 江戸後期-明治時代の日本画家。
文化14年生まれ。綾岡有真の父。生家は江戸日本橋の呉服屋。絵を柴田是真(ぜしん),書を中川憲斎にまなぶ。書画の版下制作を業とした。嘉永(かえい)3年湯島天神に迷子石を建立し,迷子石流行の先駆けとなった。明治20年5月24日死去。71歳。姓は池田。通称は奈良屋吉兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

綾岡輝松の関連キーワード池田綾岡明治時代

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android