コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綾部富阪 あやべ ふはん

1件 の用語解説(綾部富阪の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

綾部富阪 あやべ-ふはん

1720*-1782 江戸時代中期の武士。
享保(きょうほう)4年12月24日生まれ。綾部絅斎(けいさい)の長男。麻田剛立の兄。豊後(ぶんご)(大分県)杵築(きつき)藩士。宝暦13年郡奉行となる。農民の小串政俊を登用し,いきづまった藩政の改革をおこなった。天明2年9月3日死去。64歳。名は妥胤。字(あざな)は伊承。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

綾部富阪の関連キーワードフェイトバロック音楽天明の飢饉石谷清昌ラーマ[1世]児童文学徴用された朝鮮人らの遺骨問題江戸木遣り唄伊孚九蝦夷志

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone