コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿業 めんぎょう

百科事典マイペディアの解説

綿業【めんぎょう】

綿紡績,綿織物の両部門の総称。各国とも工場制大工業は綿業から出発し,資本主義の成立と発展はこれに主導された。日本でも1880年ごろの官営工場とその払下げ,大阪紡績会社の設立などに始まり,19世紀末,綿糸の輸出が輸入を越えるに至って確立をみたとされる綿業が,第2次大戦前の産業発展の主軸であった。
→関連項目紡績業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の綿業の言及

【産業革命】より

経済発展
【イギリス産業革命】

[前提]
 産業革命の概念そのものが多様なだけに,その始期と終期についても見解は必ずしも一定していない。かつては,綿業における重要な発明の時期などを手がかりに,漠然と1760年代から19世紀前半くらいに措定されていたが,始期については,人口増加や1人当り所得の成長の起点との関係で,1740年代説や80年代説が出されたし,その終期についても,新たな技術体系の一応の完成を意味する機械工業の確立――機械そのものの機械による生産――や産業資本主義の確立を意味する資本制恐慌の始期(1848)などが提唱されている。 いずれにせよ,18世紀のイギリスで最初の産業革命が起こったのだとすれば,その前提条件は何だったのか。…

※「綿業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

綿業の関連キーワードフランシス(James Bicheno Francis)リチャード・ヘンリー トーニー大阪府大阪市中央区備後町ハイダラーバードマンチェスター派アフマダーバード瀬戸内工業地域全国経済委員会日比谷平左衛門ビラートナガルユニチカ[株]美濃部 洋次外海 銕次郎ホイットニー阿部 光之助アークライトターター財閥アスンシオン下村 耕次郎秋岡 義一

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

綿業の関連情報