緊縮(読み)きんしゅく

精選版 日本国語大辞典「緊縮」の解説

きん‐しゅく【緊縮】

〘名〙
① 引き締まること。締まりのないものを引き締めること。⇔弛緩(しかん)
※門(1910)〈夏目漱石〉九「肌の筋肉が〈〉一時に(キンシュク)する様な」 〔福恵全書‐刑名部・人命下〕
財政を確立したり立て直したりするために支出をきりつめること。
※大阪毎日新聞‐昭和四年(1929)七月四日「新内閣の政策は…緊縮を断行して節約を示す」
[補注]②の意味で広く用いられるようになったのは、昭和四年(一九二九)七月に誕生した浜口雄幸内閣の掲げた緊縮政策によるといわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「緊縮」の解説

きん‐しゅく【緊縮】

[名](スル)
しっかりと引き締めること。また、引き締まること。
「肌の筋肉が寒い風に抵抗して、一時に―する様な」〈漱石
支出を切りつめること。「家計緊縮する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android