総合哲学(読み)そうごうてつがく(英語表記)synthetic philosophy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総合哲学
そうごうてつがく
synthetic philosophy

19世紀のイギリスの哲学者 H.スペンサーが自己の進化論的立場に名づけた名称。哲学は中世の神学に代って,すべての個別科学が有する基本的諸原理の統一者でなければならないとし,これを生物学的な進化論との関連で体系づけた。「科学は部分的に総合された知識」であるのに対して「哲学は完全に総合された知識」であると述べている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

そうごうてつがく【総合哲学】

スペンサーの哲学体系。進化と解体の過程によって諸科学を集大成し、知識体系を統一的に説明する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android