緒方拙斎(読み)おがた せっさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

緒方拙斎 おがた-せっさい

1834-1911 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)5年2月16日生まれ。漢学広瀬淡窓に,蘭学青木周弼(しゅうすけ),緒方洪庵にまなぶ。のち洪庵の養子となり適々斎塾をつぐ。緒方惟準(これよし)らと明治20年緒方病院,22年大阪慈恵病院を設立した。明治44年12月15日死去。78歳。豊前(ぶぜん)小倉(福岡県)出身。本姓は西。名は羽。字(あざな)は子義。別号に南湫,孤松軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android