コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緒方拙斎 おがた せっさい

1件 の用語解説(緒方拙斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

緒方拙斎 おがた-せっさい

1834-1911 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)5年2月16日生まれ。漢学を広瀬淡窓に,蘭学を青木周弼(しゅうすけ),緒方洪庵にまなぶ。のち洪庵の養子となり適々斎塾をつぐ。緒方惟準(これよし)らと明治20年緒方病院,22年大阪慈恵病院を設立した。明治44年12月15日死去。78歳。豊前(ぶぜん)小倉(福岡県)出身。本姓は西。名は羽。字(あざな)は子義。別号に南湫,孤松軒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

緒方拙斎の関連キーワード桂太郎内閣葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑岩石区スバルターレボフ女性労働

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone