編笠百合(読み)アミガサユリ

大辞林 第三版の解説

あみがさゆり【編笠百合】

ユリ科の多年草。中国原産。高さ約50センチメートル。葉は広線形。晩春、茎頂に淡黄緑色で鐘形の花を下向きに数個つける。花の内面に紫色の網状の紋がある。鱗茎を煎せんじて咳止め・痰切りなどに用いる。貝母ばいも。古名ハハクリ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

編笠百合 (アミガサユリ)

学名:Fritillaria verticillata var.thunbergii
植物。ユリ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の編笠百合の言及

【バイモ】より

…花は1~7個,完全な両性花か雄性単性花で,下垂し,鐘状,花被片6枚,外側は淡黄緑色,内側には紫色の網目模様がある。このことから,アミガサユリ(編笠百合)の別名がある。中国ではこの属の数種の鱗茎を〈貝母〉というが,ベルチシンverticineなどのアルカロイドを含み,古くから薬用として利用された。…

※「編笠百合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android