コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝母 バイモ

デジタル大辞泉の解説

ばい‐も【母】

アミガサユリの別名。また、その鱗茎(りんけい)を乾燥させたもの。漢方で鎮咳(ちんがい)・去痰(きょたん)・排膿(はいのう)薬などに用いる。 花=春》

はは‐くり【貝母】

アミガサユリの別名。ばいも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ばいも【貝母】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ユリ科アミガサユリなどの鱗茎(りんけい)を乾燥したもの。鎮咳(ちんがい)去痰(きょたん)排膿(はいのう)利尿などの作用がある。咳(せき)を鎮め、痰(たん)を切る滋陰至宝湯(じいんしほうとう)、慢性化した咳に効く清肺湯(せいはいとう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ばいも【貝母】

アミガサユリの漢名。
アミガサユリの鱗茎りんけいを生石灰粉でまぶして乾燥させた生薬。鎮咳ちんがい・去痰きよたん薬に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

貝母 (バイモ・ハハクリ;ハワクリ)

植物。ユリ科の多年草,薬用植物。アミガサユリの別称

貝母 (ハハクリ・ハワクリ)

植物。ユリ科の多年草。ウバユリの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

貝母の関連キーワードリーチヤン(麗江)地区フリティラリアその他の食肉シャングリラ編笠百合バイモ武都真珠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貝母の関連情報