コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緩ぶ/弛ぶ ユルブ

デジタル大辞泉の解説

ゆる・ぶ【緩ぶ/×弛ぶ】

《「許す」と同語源。古くは「ゆるふ」》
[動バ四]
ゆるむ1」に同じ。
「箏の琴のいたう―・びたるを」〈狭衣・二〉
ゆるむ2」に同じ。
「心安き独り寝の床にて―・びにけりや」〈・末摘花〉
ゆるむ3」に同じ。
「昼になりてぬるく―・びもていけば」〈・一〉
氷などがとける。
「うは氷あはに結べるひもなればかざす日かげに―・ぶばかりを」〈・九〇〉
おっとりしている。
「高き身となりても、ゆたかに―・べる方はおくれ」〈・若菜下〉
[動バ下二]
ゆるめる1」に同じ。
「梓弓引きみ―・へみ思ひ見てすでに心は寄りにしものを」〈・二九八六〉
ゆるめる2」に同じ。
「あまり無下にうち―・べ、見放ちたるも」〈帚木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

緩ぶ/弛ぶの関連キーワード箏の琴淡に

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android