コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許す ユルス

デジタル大辞泉の解説

ゆる・す【許す】

[動サ五(四)]《「緩(ゆる)」「緩(ゆる)い」と同語源》
(「聴す」とも書く)不都合なことがないとして、そうすることを認める。希望や要求などを聞き入れる。「外出が―・される」「営業を―・す」
(「赦す」とも書く)過失や失敗などを責めないでおく。とがめないことにする。「あやまちを―・す」
(「赦す」とも書く)義務や負担などを引き受けなくて済むようにする。免除する。「税を―・す」「兵役を―・す」
相手がしたいようにさせる。まかせる。「追加点を―・す」「わがままを―・す」「肌を―・す」
そうするだけの自由を認める。ある物事を可能にする。「楽観は―・されない」「時間が―・せば」「事情の―・すかぎり」
警戒や緊張状態などをゆるめる。うちとける。「気を―・す」「心を―・した友」
高い評価を与える。世間が認める。「自他ともに―・すその道の大家」
引き張ったものをゆるめる。
「猫の綱―・しつれば」〈・若菜上〉
捕らえたものを逃がす。
「つととらへて、さらに―・し聞こえず」〈紅葉賀
[可能]ゆるせる
[下接句]気を許す葷酒(くんしゅ)山門に入るを許さず心を許す自他共に許す仙籍を許す肌を許す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

許すの関連キーワード手が入れば足も入るコンペティター潔しとしない身を任せる牛車の宣旨パスボール内覧の宣旨禁色宣下部分一致パードン親王宣下帯を解く思ひ許す赦免状恕する畜生道差許す免ずる認許特認

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

許すの関連情報