コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緩怠 カンタイ

デジタル大辞泉の解説

かん‐たい〔クワン‐〕【緩怠】

[名・形動]
いいかげんに考えてなまけること。また、そのさま。「自己の緩怠を恥じる」
失敗すること。過失手落ち。「緩怠をわびる」
無礼、無作法なこと。また、そのさま。「緩怠至極」「緩怠千万」
「―なり愚者(おろかもの)」〈露伴・新浦島〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんたい【緩怠】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
なまける・こと(さま)。なおざり。 「来では叶はざる十兵衛見えぬか-なり/五重塔 露伴
過失。科とが。 「今死ぬるお人にちよつと見廻に行つたとて、科・-に成ならば/浄瑠璃・傾城酒吞童子」
無作法。無礼。 「伯父に向つて-至極/浄瑠璃・平家女護島」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

緩怠の関連キーワード建武式目条々平家女護島尼子経久九条政基浄瑠璃

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android