縁行道(読み)エンギョウドウ

デジタル大辞泉の解説

えん‐ぎょうどう〔‐ギヤウダウ〕【縁行道】

[名](スル)
法会などで、僧が列を作り念仏・経文などを唱えながら、本堂の縁側や本尊仏の周囲などを巡り歩くこと。
仏縁を求めて諸国を行脚(あんぎゃ)すること。
「西行は一期行脚にて、歌を読みしかば、―して案じ」〈正徹物語・上〉
縁側などをそぞろ歩きすること。
「折ふし―して四方(よも)の梢を眺めつつ」〈伽・鉢かづき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんぎょうどう【縁行道】

( 名 ) スル
念仏・経文などを唱えながら、仏堂の縁側などを巡り歩くこと。 「上人、大谷の庵室に-し給ひけるが/盛衰記 9
経文を唱えながら、または物思いしながら、廊下などを行ったり来たりすること。 「西行は…-して案じ/正徹物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android