コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁起絵 えんぎえ

百科事典マイペディアの解説

縁起絵【えんぎえ】

寺社の草創や神仏の霊験譚(たん)である縁起を絵画化したもの。絵巻形式が多く,宗教界の民衆への布教が活発になる平安末に始まり,鎌倉期に流行。布教手段としてだけでなく,祈願のため奉納する場合,説話的興味で作られる場合もある。
→関連項目絵解き縁起縁起物寺社縁起説話画

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

縁起絵の関連キーワード神奈川県鎌倉市材木座北野天神縁起絵巻吉備大臣入唐絵巻石山寺縁起絵巻風神雷神図屏風大東急記念文庫粉河寺縁起絵巻一遍上人絵伝春日権現験記芝琳賢(1)粟田口隆光千栗八幡宮粉河寺縁起朝護孫子寺巨勢有家藤原久国箱根神社千手観音土佐光信土佐光茂

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android