縁起絵(読み)えんぎえ

百科事典マイペディアの解説

縁起絵【えんぎえ】

寺社の草創や神仏の霊験譚(たん)である縁起を絵画化したもの。絵巻形式が多く,宗教界の民衆への布教が活発になる平安末に始まり,鎌倉期に流行。布教手段としてだけでなく,祈願のため奉納する場合,説話的興味で作られる場合もある。粉河(こかわ)寺縁起絵巻石山寺縁起絵巻北野天神縁起絵巻春日権現験記など数多い。
→関連項目絵解き縁起縁起物寺社縁起説話画

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縁起絵の関連情報