コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁起絵 えんぎえ

百科事典マイペディアの解説

縁起絵【えんぎえ】

寺社の草創や神仏の霊験譚(たん)である縁起を絵画化したもの。絵巻形式が多く,宗教界の民衆への布教が活発になる平安末に始まり,鎌倉期に流行。布教手段としてだけでなく,祈願のため奉納する場合,説話的興味で作られる場合もある。粉河(こかわ)寺縁起絵巻石山寺縁起絵巻北野天神縁起絵巻春日権現験記など数多い。
→関連項目絵解き縁起縁起物寺社縁起説話画

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縁起絵の関連情報