北野天神縁起絵巻(読み)きたのてんじんえんぎえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北野天神縁起絵巻
きたのてんじんえんぎえまき

菅原道真の生涯,死後に天満大自在天と化しての怨霊譚,また鎮魂のため京都北野に天神社が創建される由来,その信者に対する霊験譚の4点を骨子とする天神縁起絵巻化したもの。天神縁起の本文自体は建久5 (1194) 年以前に最初の形態が存在していたが,絵を加えて絵巻としたのは 13世紀に入ってからで,中世天神信仰の隆盛に伴い数多く制された。最古の作例は承久本 (別称「根本縁起」,国宝北野神社) で,完成された8巻と,未完成のまま残された白描の画稿から成る。その他「北野本地」,「弘安本」 (1278) ,「津田本」 (98) ,また北野の縁起に自社の縁起を付加した「松崎天神本」 (1311) ,「荏柄天神本」 (19) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

北野天神縁起絵巻【きたのてんじんえんぎえまき】

北野天満宮縁起絵巻。多くの伝本があるが,代表的なものは承久1年(1219年)起草詞書(ことばがき)をもつ承久本8巻。菅原道真の一生と死後の変異,日蔵の六道巡りを描き,他本にある天満宮の草創と霊験はない。絵巻としてはまれな広の画面で,リアルな線描の上に濃彩淡彩をまぜて華麗。他に弘安1年(1278年)の奥書のある弘安本は淡彩できびしい描線を生かした秀作。同系統のものとして《松ケ崎天神縁起》などもある。
→関連項目縁起絵縁起物大東急記念文庫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

北野天神縁起絵巻
きたのてんじんえんぎえまき

京都市北野神社所蔵の鎌倉初期の絵巻物
承久年間(1219〜22)の作と考えられる。国宝。菅原道真の事績と死後のたたりや北野神社建立の由来,およびその霊験のあらたかなことなどを描いたもの。幅の広い画面(52㎝)に岩絵具で華麗な色彩と雄大な筆致で描かれた傑作藤原信実筆と伝えられるが不詳。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報