コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北野天神縁起絵巻 きたのてんじんえんぎえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北野天神縁起絵巻
きたのてんじんえんぎえまき

菅原道真の生涯,死後に天満大自在天と化しての怨霊譚,また鎮魂のため京都北野に天神社が創建される由来,その信者に対する霊験譚の4点を骨子とする天神縁起絵巻化したもの。天神縁起の本文自体は建久5 (1194) 年以前に最初の形態が存在していたが,絵を加えて絵巻としたのは 13世紀に入ってからで,中世に天神信仰の隆盛に伴い数多く制作された。最古の作例承久本 (別称「根本縁起」,国宝,北野神社) で,完成された8巻と,未完成のまま残された白描画稿から成る。その他「北野本地」,「弘安本」 (1278) ,「津田本」 (98) ,また北野の縁起に自社の縁起を付加した「松崎天神本」 (1311) ,「荏柄天神本」 (19) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

北野天神縁起絵巻【きたのてんじんえんぎえまき】

北野天満宮縁起絵巻。多くの伝本があるが,代表的なものは承久1年(1219年)起草の詞書(ことばがき)をもつ承久本8巻。菅原道真の一生と死後の変異,日蔵の六道巡りを描き,他本にある天満宮の草創と霊験はない。
→関連項目縁起絵縁起物大東急記念文庫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

北野天神縁起絵巻の関連キーワード風神雷神図屏風常総(市)土佐光信土佐光起藤原光益地獄図雷神寝具篝火奥書

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android