コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

説話画 せつわが

3件 の用語解説(説話画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

説話画
せつわが

時間的に展開する物語を表現した絵画をさし,日本の美術史で近年用いられはじめた用語。内容的には西洋や東洋の各地,各時代の美術にも存在するものであるが,特に日本の古代・中世絵画において注目すべき多くの作品を生んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

説話画【せつわが】

説話の内容を絵画化したもの。本来は,仏伝,本生譚(ほんじょうたん)(ジャータカ),比喩(ひゆ)譚,浄土変仏教説話絵解きしたものを意味したが,後には世俗的題材のものも含める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せつわが【説話画】

仏教説話に淵源を有する絵画をいうが,語自体は新しい。仏教説話は仏伝,本生,譬喩(ひゆ)説話に大別されるが,それらはインドにおいてストゥーパレリーフや壁画などに造形され,西域,中国に流伝し,各種の浄土図にも及んだ。これら説話画は,漢訳経典においては〈変〉〈変相〉と称され〈変現〉の意味を有する(変相図)。唐代になると〈変〉は仏教説話に限らず,世俗的題材の説話美術にまで拡大された。また説話画といわれるゆえんは,これを前にして大衆に絵解きをする風習があったことによる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

説話画の関連キーワード仏教絵画仏教説話有する闍多迦ダイナトロン変相図恋する絵画岩本裕仏教説話集仏教説話絵巻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

説話画の関連情報