説話画(読み)せつわが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

説話画
せつわが

時間的に展開する物語を表現した絵画をさし,日本の美術史で近年用いられはじめた用語。内容的には西洋や東洋の各地,各時代の美術にも存在するものであるが,特に日本の古代・中世絵画において注目すべき多くの作品を生んでいる。その主題は仏教経典の解説から仏教伝説,世俗説話,実録的な日記や伝記,軍記の類までを含み,画面形式としては絵巻に最も顕著な展開を示すほか,冊子絵,掛幅,障屏画などに及ぶ。それぞれの画面に対応する文章を詞書や色紙形の形式で記入し,あるいは解説者が口誦で説明する絵解きの方法によって,鑑賞者に物語の筋を理解させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

説話画【せつわが】

説話の内容を絵画化したもの。本来は,仏伝本生譚(ほんじょうたん)(ジャータカ),比喩(ひゆ)譚,浄土変仏教説話を絵解きしたものを意味したが,後には世俗的題材のものも含める。内容としては縁起絵,人物伝,六道絵等,画面形式としては壁画,掛幅等の大画面や絵巻,冊子等にわたる。特に絵巻は説話画の表現形式として顕著な発達を遂げた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せつわが【説話画】

仏教説話に淵源を有する絵画をいうが,語自体は新しい。仏教説話は仏伝,本生,譬喩(ひゆ)説話に大別されるが,それらはインドにおいてストゥーパのレリーフや壁画などに造形され,西域,中国に流伝し,各種の浄土図にも及んだ。これら説話画は,漢訳経典においては〈変〉〈変相〉と称され〈変現〉の意味を有する(変相図)。唐代になると〈変〉は仏教説話に限らず,世俗的題材の説話美術にまで拡大された。また説話画といわれるゆえんは,これを前にして大衆に絵解きをする風習があったことによる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

説話画の関連情報