コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粉河 こかわ

4件 の用語解説(粉河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粉河
こかわ

和歌山県北部,紀の川市中北部から南東部を占める旧町域。和泉山脈南斜面から紀ノ川両岸にわたり,南は龍門山に及ぶ。1894年町制。1955年長田村,竜門村,川原村の 3村と合体。1956年鞆淵村を編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こかわ【粉河】

和歌山県紀の川市、紀川中流北岸にある地名。粉河寺の門前町。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粉河
こかわ

和歌山県北部、那賀(なが)郡にあった旧町名(粉河町(ちょう))。現在は紀の川市の東部を占める地域。旧粉河町は、1894年(明治27)町制施行。1955年(昭和30)長田(ながた)、竜門(りゅうもん)、川原(かわはら)の3村を合併、翌年鞆淵(ともぶち)村を編入。2005年(平成17)打田(うちた)、那賀、桃山(ももやま)、貴志川(きしがわ)の4町と合併、市制を施行して紀の川市となった。JR和歌山線と国道24号(大和(やまと)街道)が通じる。北部は和泉(いずみ)山脈、南は龍門山地で、中央を紀ノ川が西流する。中心の粉河地区は西国三十三所3番札所粉河寺の門前町として栄えた。『延喜式(えんぎしき)』には粉河寺のほかに鎌垣(かまがき)船(鎌垣は粉河をさすという)のことが記載されており、古くから紀ノ川の河港でもあり、北岸を通る大和街道の宿場でもあった。江戸時代には粉河鍛冶(かじ)町に釣鐘など鋳物工業もおこり、厄除(やくよ)けの長田観音とともに粉河参りで栄えた。竜門地区には柑橘(かんきつ)類の栽培地が広がる。『紙本著色粉河寺縁起』、鞆淵八幡(はちまん)の沃懸地螺鈿金銅装神輿(いかけじらでんどうそうしんよ)は国宝に指定され、粉河寺庭園は国指定名勝。[小池洋一]
『『粉河町史』全5巻(1986~2003・粉河町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粉河の関連情報