粉河寺縁起絵巻(読み)こかわでらえんぎえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粉河寺縁起絵巻
こかわでらえんぎえまき

和歌山県,粉河寺千手観音にまつわる草創縁起と霊験説話を1巻の絵巻としたもの。 12世紀後半の作。紙本着色。粉河寺蔵。国宝。巻首部は火災で欠失し,料紙上下に焼痕をとどめる。物語は2説話から成り,前半は猟師大伴孔子古 (くじこ) が千手観音を祀って粉河寺を創建した話。後半は河内国の長者の娘が観音の化身である童子のおかげで重病がなおり,一家が仏門に入ったという話。絵はやや古様で,人物,動植物,建物などを淡々と描く。この2説話は,天喜2 (1054) 年の『粉河寺大率都婆建立縁起』に記載されており,本絵巻の祖型となった絵巻も早くから成立していたと推定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

粉河寺縁起絵巻【こかわでらえんぎえまき】

和歌山県,粉河寺千手観音の由来と霊験を描く縁起絵巻。1巻。火災にあい損傷が大きいが,《信貴山(しぎさん)縁起絵巻》と同系の技法を示す素朴な描線とこまやかな淡彩による絵が残っている。鎌倉初期の作と推定されるが作者不明。
→関連項目縁起絵粉河[町]粉河寺

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粉河寺縁起絵巻の関連情報