コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縄文のビーナス ジョウモンノビーナス

デジタル大辞泉の解説

じょうもん‐の‐ビーナス【縄文のビーナス】

昭和61年(1986)に長野県茅野市の棚畑遺跡から出土した縄文時代中期の土偶愛称。高さ27センチ。妊娠した女性をあらわす、下方に重心のある造形平成7年(1995)国宝指定。
平成4年(1992)に山形県舟形町の西ノ前遺跡から出土した縄文時代中期の土偶の愛称。高さ45センチ。8頭身の優美な造形が特徴。平成24年(2012)国宝指定。西ノ前土偶縄文の女神

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

縄文のビーナスの関連キーワード茅野市尖石縄文考古館長野県茅野市茅野(市)

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縄文のビーナスの関連情報