コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縄文のビーナス ジョウモンノビーナス

1件 の用語解説(縄文のビーナスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうもん‐の‐ビーナス【縄文のビーナス】

昭和61年(1986)に長野県茅野市の棚畑遺跡から出土した縄文時代中期の土偶の愛称。高さ27センチ。妊娠した女性をあらわす、下方に重心のある造形。平成7年(1995)国宝指定。
平成4年(1992)に山形県舟形町の西ノ前遺跡から出土した縄文時代中期の土偶の愛称。高さ45センチ。8頭身の優美な造形が特徴。平成24年(2012)国宝指定。西ノ前土偶縄文の女神

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

縄文のビーナスの関連キーワード三原山早川純一西畑まどかあんみつ姫横浜事件セバスチャン・リベイロ・サルガドアキノSCSI-1アジャコング池田政典

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

縄文のビーナスの関連情報