コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繭糸繊度 けんしせんどsize of cocoon filament

世界大百科事典 第2版の解説

けんしせんど【繭糸繊度 size of cocoon filament】

繭糸の太さをいう。単位はデニールdenier(略符号d)を用いる。繭糸の太さは繭層の外層部が最も太く,中層,内層の順に細くなるが,通常繭糸繊度はその平均値を示す。この値は一定量の繭を繰糸して得られる生糸糸長,生糸量,平均粒付数などから算出される。繭糸繊度は蚕品種,蚕期あるいは飼育条件などにより異なるが,現在一般に飼育されているカイコのつくる繭糸の太さは2.5~3.5dのものが多い。品種別にみると,日本種系のものは太めで,中国種系のものは細めである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の繭糸繊度の言及

【繭】より

…1000~1350mの範囲のものが多い。(9)繭糸繊度 1粒の繭糸の平均の太さ。蚕品種によって決まるが,作柄によっても影響を受ける。…

※「繭糸繊度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

繭糸繊度の関連キーワード繭検定

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android