コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

纈/結繒 ユハタ

デジタル大辞泉の解説

ゆはた【×纈/×繒】

《「ゆいはた」の音変化》絞り染め。くくり染め。また、絞り染めにした布や革。
「君が為―の絹を取りしでて神にぞ祭る万代までに」〈堀河百首

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の纈/結繒の言及

【纐纈】より

…絞染の古名。今日一般に,奈良時代の模様染を代表するものとして〈纈(きようけち)〉〈﨟纈(ろうけち)〉に加え纐纈の名を挙げるが,当時においては纐纈という名称はなく,単に〈纈〉と書き〈ゆはた〉と訓じているものがこれに当たると考えられる。例えば《一切経音義》に〈糸をもって繒(かとり)(上質の平絹)を縛り之を染め,糸を解いて文様を成すものを纈という〉とあるのは明らかに絞染を示している。…

※「纈/結繒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

纈/結繒の関連キーワード臈纈染め・﨟纈染め・臈纈染・﨟纈染・臘纈染め・臘纈染傑・欠・決・潔・穴・結・纈・缺・血・訣・蹶臈纈・﨟纈・蝋纈・蠟纈・臘纈(■1)纈(夾纈)【きょう】纈板締め・板締山田 栄一バティックきょう纈コプト織法隆寺裂正倉院裂中国工芸鹿の子草板締絞安積沼型模様山水文板締め障屛画

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android