コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罹災都市借地借家臨時処理法 りさいとししゃくちしゃっかりんじしょりほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

罹災都市借地借家臨時処理法
りさいとししゃくちしゃっかりんじしょりほう

昭和 21年法律 13号。第2次世界大戦による罹災都市の借地借家関係の調整を目的として制定された臨時立法。罹災建物または疎開建物の借主は,本法施行後2年をかぎり,他の者に優先して借地権を取得できること。滅失した建物が再建されたときは,滅失当時の借主は優先的に賃借することができること。罹災土地または疎開跡地の借地権は,借地権または建物の登記がない場合でも,1946年7月1日から5年間は第三者に対抗できることなどを規定している。この法律は,その後の改正で,大火災,震災,風水害などの災害によって建物が滅失した場合にも,政令で地域を指定して準用されることになり,1948年の福井の震災,1950年の熱海の大火,1961年の八戸の大火など,かなりの地域に適用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りさいとししゃくちしゃっかりんじしょりほう【罹災都市借地借家臨時処理法】

第2次大戦における空襲その他の戦災による罹災地と疎開地の借地借家関係を処理する臨時立法(1946公布)。前身は関東大震災後にできた借地借家臨時処理法(1924公布)および戦時罹災土地物件令(1945公布)。罹災都市の復興のために通常の借地借家関係とはちがった応急的処理が必要とされたためにつくられた。主たる内容は,罹災した建物の借家人が借地権を取得できるとしたこと(2条,3条),罹災都市の借地権者に土地利用の意思がないとき地主は借地権を消滅させることができるとしたこと(12条),罹災建物の借家人だった者に,再築建物に対する優先的賃借権を与えたこと(14条),地代・家賃等借地借家の条件が著しく不当なときに裁判所が変更命令を出しうるとしたこと(17条)などである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

罹災都市借地借家臨時処理法の関連キーワード建物保護ニ関スル法律

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android