コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罹災都市借地借家臨時処理法 りさいとししゃくちしゃっかりんじしょりほう

2件 の用語解説(罹災都市借地借家臨時処理法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

罹災都市借地借家臨時処理法
りさいとししゃくちしゃっかりんじしょりほう

昭和 21年法律 13号。第2次世界大戦による罹災都市の借地借家関係の調整を目的として制定された臨時立法。罹災建物または疎開建物の借主は,本法施行後2年をかぎり,他の者に優先して借地権を取得できること。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りさいとししゃくちしゃっかりんじしょりほう【罹災都市借地借家臨時処理法】

第2次大戦における空襲その他の戦災による罹災地と疎開地の借地借家関係を処理する臨時立法(1946公布)。前身は関東大震災後にできた借地借家臨時処理法(1924公布)および戦時罹災土地物件令(1945公布)。罹災都市の復興のために通常の借地借家関係とはちがった応急的処理が必要とされたためにつくられた。主たる内容は,罹災した建物の借家人が借地権を取得できるとしたこと(2条,3条),罹災都市の借地権者に土地利用の意思がないとき地主は借地権を消滅させることができるとしたこと(12条),罹災建物の借家人だった者に,再築建物に対する優先的賃借権を与えたこと(14条),地代・家賃等借地借家の条件が著しく不当なときに裁判所が変更命令を出しうるとしたこと(17条)などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

罹災都市借地借家臨時処理法の関連キーワード海戦減債基金風水害保険フォレスタル戦災小田原空襲呉空襲生産管理闘争第2次大戦月その他の天体を含む宇宙空間の探査および利用における国家活動を律する原則に関する条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone