コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

借地権 しゃくちけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

借地権
しゃくちけん

建物所有目的とする地上権または賃借権をいう (借地借家法) 。民法上,地上権は物権であるのに対し,賃借権は債権である。地上権は概して存続期間が長く,その譲渡・賃貸は地上権者の自由にゆだねられ,対抗力を備えるのも容易である。これに対し,賃借権の存続期間は 20年に制限され,その譲渡・転貸は賃貸人の承諾を要し,賃借権の登記は認められるが登記請求権が認められないためにその登記は困難であった。そこで,1909年建物保護ニ関スル法律が制定され,借地上に存在する建物の登記が借地権の登記に代用できる制度を設けた。さらに 1921年の借地法が借地権の存続期間を民法より長期化し,借地権終了の際には借地権者が借地上建物を借地権設定者に買い取ることを請求する権利を与えた。これらの規定は 1991年の借地借家法に受け継がれている。また 1941年の借地法改正で,借地権設定者は正当事由がないかぎり契約更新を拒絶することができないことになり,加えて借地借家法では立退料の提供が正当事由の存否の判断に際して考慮される旨規定された。 1941年の改正により借地権の更新も保障されることになったが,そのために「土地は貸したら返ってこない」という観念が植え付けられ,地価の高騰とも相まって借地の供給が減少した。そこで借地供給の増大をはかるため期間が満了したら確実に終了する借地権が必要となり,1991年の借地借家法では「定期借地権」の制度が新設されることとなった。賃借権の譲渡・転貸については,1966年の借地法改正で裁判所が借地権者の申し立てにより借地権設定者の承諾に代わる許可を与える制度が新設され,1991年自己借地権制度も新設された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃくち‐けん【借地権】

建物の所有を目的とする地上権または土地の貸借権。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

借地権【しゃくちけん】

建物の所有を目的とする地上権と土地賃借権の総称。借地借家法(1991年)は借地権について,民法に対する特則を置き,存続期間の延長や期間の更新を認めた。また,更新が認められない場合は,借地権者に賃貸人への建物買取請求権が与えられる。
→関連項目借地法建物保護法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

不動産用語辞典の解説

借地権

建物の所有を目的として地主から土地を借りて使用する権利を「借地権」といいます。
借地権の契約期間は最低30年以上で、借地人が更新を求めた場合には同一の条件で契約を更新しなければならず、更新後の契約期間は1度目が20年以上、2度目の更新以降は10年以上とされます。
また、地主が契約更新を拒絶できるのは正当事由がある場合のみとなります。
借地権には、地上権と土地賃借権の2種類があり、定期借地権と区別するために普通借地権ということもあります。
借地権は、ひとつの財産権としての評価を受け、借地契約にあたっては、その割合の権利金が授受されることがあります。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゃくちけん【借地権】

建物の所有を目的とする地上権および土地の賃借権。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

しゃくちけん【借地権】

一般に、他人が所有する土地の上に建物などを所有できる権利。借地借家法で定められ、地上権と賃借権を一本化して権利を強化したもの。契約期間は最低30年以上。借地人が更新を求めた場合、地主に正当事由がなければ契約を更新しなければならない。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の借地権の言及

【借地】より

…したがって,ここでは,建物所有のための土地の利用という意味の借地だけをみていくことにする。 建物その他の工作物を建設する場合,自己所有地があれば,そこに工作物を建てるのに特別の権限は必要としないが,土地を取得できないとか,所有者が売ってくれない場合には,借地権(建物所有のための地上権および賃借権)を設定してもらうほかない。 明治以来東京等では土地を借りて建物を建てるということが多く行われた。…

※「借地権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

借地権の関連キーワード建物譲渡特約付借地権定期借地権付き住宅事業用定期借地権一般定期借地権スケルトン定借安政五ヵ国条約定期借地契約定期借地制度無形固定資産事業用借地権定期借家権つくば方式借地と借家排日土地法パナマ運河公正証書法定更新底地権者立体換地永代借地

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

借地権の関連情報