コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅牧 らぼくLuo Mu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅牧
らぼく
Luo Mu

[生]天啓2(1622)
[没]康煕45(1706)以後
中国,清初の文人画家。寧都 (江西省) の人で,南昌に寓居。字は飯牛,号は雲庵。一生を在野で過し,詩,書画に巧みで製茶もよくした。山水画を得意とし明晰な筆描と墨色をもって個性的な様式を完成,江西派の祖と称された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らぼく【羅牧 Luó Mù】

1622‐?
中国,清代初期の画家。字は飯牛。号は雪庵。江西省寧都の人。南昌に移り住んだ。詩書をよくし,製茶の技術に長じた。山水画は魏石牀に学び,董源(とうげん),黄公望の筆意を得たというが,明末の董其昌の影響が顕著で,甜俗(てんぞく)で文人の気風に欠けるとも批評される。江西派の祖とされる。1706年(康熙45)までの活動は知られるが,没年は不明。【新藤 武弘】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

羅牧の関連キーワード書画様式在野寓居墨色

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android