美し(読み)イシ

デジタル大辞泉の解説

い・し【美し】

[形シク]
よい。すばらしい。見事である。
「鞠は―・しいものかな」〈弁内侍日記
巧みである。じょうずだ。
「歌の音(こゑ)のよさよ、―・しう―・しうとほめられたり」〈盛衰記・一七〉
美味だ。おいしい。
「―・しかりしときは夢窓にくらはれて」〈太平記・二三〉
殊勝だ。けなげだ。あっぱれだ。
「いかがはからひ申さんと申し上ぐれば、おお、―・しくもしたんなれ」〈浄・盛衰記
[補説]中世から「いしい」の形となり、現在では接頭語「お」をつけて、もっぱら美味の意を表す。→おいしい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いし【美し】

( 形シク )
〔中世・近世には口語形「いしい」も用いられた〕
よい。好ましい。 「鞠まりは-・しいものかな/弁内侍日記」
巧みだ。上手だ。 「『この御馬はかさ驚きやし侍らん』と申せば、-・しく相したりとて/中務内侍日記」
けなげだ。殊勝だ。 「 - ・しくも宣ひたり/太平記 9
〔中世女性語。のち「お」を付けて「おいしい」となる〕 美味だ。うまい。 「 - ・しい酒でおりやる/狂言・比丘貞」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美しの関連情報