コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美し イシ

デジタル大辞泉の解説

い・し【美し】

[形シク]
よい。すばらしい。見事である。
「鞠は―・しいものかな」〈弁内侍日記
巧みである。じょうずだ。
「歌の音(こゑ)のよさよ、―・しう―・しうとほめられたり」〈盛衰記・一七〉
美味だ。おいしい。
「―・しかりしときは夢窓にくらはれて」〈太平記・二三〉
殊勝だ。けなげだ。あっぱれだ。
「いかがはからひ申さんと申し上ぐれば、おお、―・しくもしたんなれ」〈浄・盛衰記
[補説]中世から「いしい」の形となり、現在では接頭語「お」をつけて、もっぱら美味の意を表す。→おいしい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いし【美し】

( 形シク )
〔中世・近世には口語形「いしい」も用いられた〕
よい。好ましい。 「鞠まりは-・しいものかな/弁内侍日記」
巧みだ。上手だ。 「『この御馬はかさ驚きやし侍らん』と申せば、-・しく相したりとて/中務内侍日記」
けなげだ。殊勝だ。 「 - ・しくも宣ひたり/太平記 9
〔中世女性語。のち「お」を付けて「おいしい」となる〕 美味だ。うまい。 「 - ・しい酒でおりやる/狂言・比丘貞」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

美しの関連キーワードインダストリアルデザイン人は見目よりただ心目を奪われるスタティックビューティー花を添えるフェアネスエレガンス出立ち映え匂い零れるねび調ほる見目より心衣装比べ観賞植物大和撫子息を吞む生ひ成る息を呑む美的快感美的感覚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美しの関連情報