コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美的観照 びてきかんしょうästhetisches Betrachten

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美的観照
びてきかんしょう
ästhetisches Betrachten

美意識の一側面。一般に,芸術創作が美意識の能動的側面であるとされるのに対し,美的観照は,美的享受と同様,美意識の受動的側面であるとされる。美的観照と美的享受との違いは,前者が対象の直接的受容活動であるのに対し,後者が前者の作用を前提にして行われる受容活動である点にある。美的観照は自我と対象との間に一定の距離を前提するところに成立し,しかもそれが対象に対する無関心性を前提する点において,認識論的活動や実践的活動と区別される。この無関心性を強調する場合は,美的観照はむしろ美的静観といわれることが多いが,解釈の能動性を強調した考え方もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

美的観照の関連キーワードユンガー心境小説美的経験バッシュ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android