群雄割拠(読み)グンユウカッキョ

デジタル大辞泉の解説

ぐんゆう‐かっきょ【群雄割拠】

[名](スル)多くの英雄が各地で勢力を振るい、互いに対立し合うこと。「群雄割拠の世」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐんゆうかっきょ【群雄割拠】

スル
多くの英雄たちが各地に勢力を張り、対立して覇を競うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐんゆう‐かっきょ【群雄割拠】

〘名〙 数多くの英雄が各地にたてこもり、それぞれ勢力をふるって対立すること。〔布令字弁(1868‐72)〕
※白頭吟(1957)〈石川淳〉一二「東京は群雄割拠で、めいめい人生の主役みたいな貫祿を示したがってゐるから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

群雄割拠の関連情報