コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群馬用水 ぐんまようすい

1件 の用語解説(群馬用水の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

群馬用水
ぐんまようすい

群馬県中央部にある大規模な灌漑(かんがい)用水。利根(とね)川の自然流水と矢木沢(やぎさわ)ダムの放流水とを沼田市岩本で取水し、子持(こもち)山の東麓(とうろく)をトンネルで通じ、渋川市子持地区で赤城(あかぎ)幹線と榛名(はるな)幹線に分け、かつては前者で赤城山南面の前橋市、勢多(せた)郡、佐波(さわ)郡、後者で榛名山南東面の渋川市、北群馬郡、群馬郡、高崎市の、3市4町10村の8000ヘクタールの田畑を灌漑していた。1955年(昭和30)農林省と県が計画し、水資源開発公団(現、水資源機構)が1972年に完成したコンクリート製の用水路で、用水不足地域の土地生産力を増強した。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の群馬用水の言及

【子持[村]】より

…東境を利根川,南西境を吾妻(あがつま)川が流れ,村の南端で合流する。軽石層が厚く堆積するため用水の便が悪く,畑地が大部分であったが,1970年群馬用水が完成し開田が進んだ。コンニャクが中心で,養豚や野菜生産も行われる。…

【利根川】より

…これが坂東合口(1950完成)で,広瀬川低地の広瀬・桃木両用水,前橋台地を灌漑する天狗岩用水,赤城山麓を灌漑する大正用水などを分水する。さらに利根川総合開発の一環として,大正用水より上方の赤城山南麓や榛名山東麓,子持山南東麓を灌漑する群馬用水(1970完成。用水源は矢木沢ダムで貯水)が沼田市南方の利根川で取水する。…

※「群馬用水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。