コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義児 ぎじyi-er; i-êrh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義児
ぎじ
yi-er; i-êrh

中国,主として五代における軍閥の私兵の一種。義児は養子の意。義子,仮子ともいわれた。五代のとき,各節度使が擬制的な親子関係を設定することによって,自己の支配的地位を安定させるため行なったもので,当時大いに流行した。後唐の李克用の義児軍はその数も多く,勇敢をもって知られた。親子関係の成立は盃のやり取りなどで確認される。義児出身の皇帝も出現し,なかでも李克用の子荘宗の次に即位した明宗,五代随一の名君といわれる後周の世宗 (→柴栄 ) などは有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の義児の言及

【義】より

…〈義倉〉(飢饉用の公共の米倉),〈義舎〉(旅人のための公共宿舎),〈義冢(ぎちよう)〉(無縁仏のための共同墓地),〈義荘〉(一族の貧者のための田地)などの語がそれをあらわす。また,〈義父(養父)〉,〈義児(養子)〉,〈義兄弟〉のような言葉もある。【三浦 国雄】。…

【義児伝】より

…中国では家系を重んずる貴族制の崩壊に伴い,政治的軍事的意図から異姓間に養父子関係を結ぶことが行われた。とくに武将が有能な軍士を多数養子(仮子,義児)として親衛隊(義児軍)を置くことが隋代ごろから見られ,唐中期~五代に盛行した。〈義児伝〉は後唐李克用(太祖)の著名な義児9人中,帝位に就いた李嗣源(後唐明宗)を除く8人の武将を収めたもので,これによって〈干戈骨肉より起こり,異類合して父子と為(な)〉(〈義児伝〉序)った当時の風潮をえがく。…

【五代十国】より

… 五代十国期には30~40の節度使が依然として強大な軍事力を保持し,各政権下でも分権化の傾向が小さくなく,めまぐるしい政権交替も有力節度使によるクーデタというかたちをとることが多かった。節度使は部下の将兵との間に義児,仮子といった擬制的血縁関係を結んで主従関係を維持することが特徴的に認められる。その一方では,五代王朝は皇帝直属の禁軍強化に努めた。…

※「義児」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

義児の関連キーワード川崎 大治義児伝前蜀

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android