コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽アリ(羽蟻) はありwinged ant

世界大百科事典 第2版の解説

はあり【羽アリ(羽蟻) winged ant】

アリの雌雄で,2対の膜質の翅を備え,生殖を行う個体を羽アリという。一般に昆虫が交尾のため空中に飛び立つことを婚姻飛行(結婚飛行)といい,日本産のアリ類では4月下旬から9月上旬の間に行われるものが多いが,その時期や時刻は種類によって異なる。大量に羽アリが発生するケアリ類などは灯火に群がり,交通機関の運転,商店の営業などに支障を生じ,工場で製品に混入することもある。なお,シロアリ類の有翅のものも羽アリということがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android