羽觴(読み)ウショウ

大辞林 第三版の解説

うしょう【羽觴】

〔もと雀にかたどって翼の形をつけたところから〕
酒杯。さかずき。羽爵うしやく
[句項目] 羽觴を飛ばす

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐しょう ‥シャウ【羽觴】

〘名〙 (「觴」はさかずきの意。「羽觴」はもと、雀の形に作って、頭、尾、羽翼を備えた酒杯、また、はやく飲めというしるしに羽をはさんだ酒杯のことともいわれる) さかずき。酒杯。羽爵(うしゃく)。羽杯。
※菅家文草(900頃)六・三月三日、侍朱雀院柏梁殿、惜残春「惜春何到曲江頭、遙憶羽觴浪上浮」 〔楚辞‐招魂〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽觴の関連情報