コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽翼 ウヨク

デジタル大辞泉の解説

う‐よく【羽翼】

はねとつばさ。鳥のつばさ。
助けること。助けとなること。また、その人。補佐。「帝王の羽翼となる」「羽翼の臣」
植物などの一器官の左右につばさ状に広がっているもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うよく【羽翼】

( 名 ) スル
はねとつばさ。
植物などの一器官で左右に翼状に広がっているもの。
天子などをたすけること。また、その人。補佐。 「上は国宗を-し/新聞雑誌 50

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

羽翼の関連キーワード慾・抑・欲・沃・浴・翌・翼レオン ドグレル唐詩品彙藤波神道片山円然皇学所国宗日深天狗翼状

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android