コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん【翰】[漢字項目]

[音]カン(漢)
羽毛でつくった筆。「翰墨
書いたもの。文章。手紙。「貴翰書翰尊翰来翰
学問。学者。「翰林
太い柱。守りとなるもの。「藩翰
[名のり]おと・たか・なか・は・ふみ・もと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

翰の関連キーワードベッテルハイム太宰府天満宮大淀三千風ギュツラフ小笠原貞頼織田東民戸田忠延内田凌雲赤井一貞大江藍田宮瀬竜門蓴羹鱸膾勝山琢舟畑鉄鶏哥舒翰藩翰譜約翰敏巧王圻青鳥

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

翰の関連情報