老生(読み)ろうせい

精選版 日本国語大辞典「老生」の解説

ろう‐せい ラウ‥【老生】

[1] 〘名〙
① としより。老人
菅家文草(900頃)二・賀丹誼「七々頽齢、誓云未死遂成名」
② 年とった書生老措大。〔魏志‐管輅伝〕
[2] 〘名〙 自称。老人が自分をへりくだっていう語。
実隆公記‐延徳三年(1491)四月二九日「老生遠路旅行再会難期」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「老生」の解説

ろう‐せい〔ラウ‐〕【老生】

[名]
年寄り。老人。
年をとった書生。
[代]一人称の人代名詞。年をとった男性が自分をへりくだっていう語。多く手紙文に用いる。「老生も元気でおります」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android