老衲(読み)ろうのう

精選版 日本国語大辞典「老衲」の解説

ろう‐のう ラウナフ【老衲】

〘名〙 (「衲」は侶の衣服) 年をとった僧侶。老僧。また、年をとった僧が自称としても用いる。
※随筆・秉燭譚(1729)四「或蘗山の一老衲云、今世話に云、御大儀など云がごとしと」 〔円悟仏果禅師語録‐一四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「老衲」の解説

ろう‐のう〔ラウナフ〕【老×衲】

年老いた僧。老僧。また、老僧が自身をさしていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「老衲」の解説

【老衲】ろうのう(らうなふ)

老僧。清・黄遵憲石川鴻斎~来りて張副使に謁す。~〕詩 先生、(きのふ)策を(つ)いて至る 兩三の老衲、共に聯袂(れんべい)す 袖、將(は)た同じきこと毋からんや 只だ袈裟(けさ)と念珠とを(か)くのみ

字通「老」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android