コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

考ふ カンガウ

デジタル大辞泉の解説

かんが・う〔かんがふ〕【考ふ】

[動ハ下二]かんがえる」の文語形

こうが・う〔かうがふ〕【考ふ/勘ふ】

[動ハ下二]《「かんがふ」の音変化》
思案する。前例や習慣などに照らし合わせて考える。
「近うまたよき日なし、と―・へ申しけるうちに」〈・行幸〉
責めとがめる。また、勘当する。
「少し心のどかに心を伸べてこそ、よろづの罪―・へ申すべかりけれ」〈夜の寝覚・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

考ふの関連キーワード反り身・反身平気明密在世擷取

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android