コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耕隠智訓 こういん ちくん

美術人名辞典の解説

耕隠智訓

江戸後期の臨済宗の僧。妙心寺四百九十三世。美濃小島生。姓は杉島、耕隠は字、智訓は諱、号は金剛正眼禅師。美濃円成寺の定翁首座に受戒した。のち阿波慈光寺春叢紹珠の下で飯頭となる。福田大勝寺の葦溟勧の法嗣となり、「槐安国語」を提唱し、のち仁孝天皇の勅により紫衣を賜り、妙心寺に昇住した。嘉永3年(1850)寂、寂年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

耕隠智訓 こういん-ちくん

?-1850 江戸時代後期の僧。
臨済(りんざい)宗。阿波(あわ)(徳島県)慈光寺の春叢紹珠(しゅんそう-しょうじゅ),美濃(みの)(岐阜県)大勝寺の葦溟勧らにまなび,溟勧の法をつぐ(紹珠の法をつぐとも)。大勝寺住持となり,文化元年白隠慧鶴(はくいん-えかく)の「槐安(かいあん)国語」を提唱した。のち京都妙心寺の住持。嘉永(かえい)3年7月3日死去。美濃出身。俗姓は杉島。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

耕隠智訓の関連キーワード臨済

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android