コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耕隠智訓 こういん ちくん

2件 の用語解説(耕隠智訓の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

耕隠智訓

江戸後期の臨済宗の僧。妙心寺四百九十三世。美濃小島生。姓は杉島、耕隠は字、智訓は諱、号は金剛正眼禅師。美濃円成寺の定翁首座に受戒した。のち阿波慈光寺春叢紹珠の下で飯頭となる。福田大勝寺の葦溟勧の法嗣となり、「槐安国語」を提唱し、のち仁孝天皇の勅により紫衣を賜り、妙心寺に昇住した。嘉永3年(1850)寂、寂年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

耕隠智訓 こういん-ちくん

?-1850 江戸時代後期の僧。
臨済(りんざい)宗。阿波(あわ)(徳島県)慈光寺の春叢紹珠(しゅんそう-しょうじゅ),美濃(みの)(岐阜県)大勝寺の葦溟勧らにまなび,溟勧の法をつぐ(紹珠の法をつぐとも)。大勝寺住持となり,文化元年白隠慧鶴(はくいん-えかく)の「槐安(かいあん)国語」を提唱した。のち京都妙心寺の住持。嘉永(かえい)3年7月3日死去。美濃出身。俗姓は杉島。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

耕隠智訓の関連キーワード淡海昌敬日義新井静斎尭州是一(6代)出三順阿浄円谷文二長隠(1)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone