コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖油 せいゆoleum sanctum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖油
せいゆ
oleum sanctum

キリスト教会で,祭式のために用いる祝別された純粋のオリーブ。塗油は古来病気の治療,予防,霊肉の強壮に効能あり,恩恵分与の表徴とみなされた。カトリック教会では次の3種を区別する。 (1) 病者用聖油 病者の塗油の秘跡などに用いる。 (2) 洗礼志願者用聖油 洗礼に先立ち志願者に塗る。司祭叙階,祭壇祝別にも用いる。 (3) 聖香油 芳香油 (バルサム) を加えたもので,sacrum chrismaと呼ばれ,洗礼用聖水の祝別,堅信などに用いる。聖香油は6世紀以来,皇帝や王の戴冠用にも用いられた。そのため彼らはある意味で聖職者階級に属するとみなされ,典礼上の特権を受け,彼らが教会行政に介入する口実ともなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐ゆ【聖油】

カトリック教会で、儀式・典礼のときに用いられる神聖な香油。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいゆ【聖油】

カトリック教会で、聖別された香油。聖香油。 → 聖別

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

聖油の関連キーワードマルコ・ポーロピピンの寄進終油の秘跡洗足木曜日病者の塗油クリームロラーズ戴冠式ハヌカメシア聖別

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖油の関連情報