コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖然 しょうねん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖然 しょうねん

?-1312 鎌倉時代の僧。
三論宗。聖守(しょうしゅ)に三論を,証玄(しょうげん)に律をまなぶ。法相(ほっそう),天台に通じたが,とくに三論をよくし,同宗の中興の祖といわれる。聖守の没後,東大寺真言院の住持となった。正和(しょうわ)元年8月15日死去。字(あざな)は道月(道明とも)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

聖然の関連キーワード俊才

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖然の関連情報