聖観世音(読み)しょうかんぜおん

精選版 日本国語大辞典「聖観世音」の解説

しょう‐かんぜおん シャウクヮンゼオン【聖観世音】

仏語。七観音千手馬頭・十一面・聖・如意輪・准胝・不空羂索)または、六観音(七観音のうち不空羂索を除く)の一つ。普通の観音は、これをさす。左の手に蓮華(れんげ)を持ち、右手を開いた形をし、衆生を救済するために種々の身を現ずる大慈大悲の菩薩。聖観音。聖観自在菩薩。
源平盛衰記(14C前)二九「咲(えみ)を含みて語って云、は是妙大菩薩の神務輔佐の貫首〉聖観世音(しゃうクンぜヲン)の化身也と云ふて隠れぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android