聖観世音(読み)しょうかんぜおん

精選版 日本国語大辞典「聖観世音」の解説

しょう‐かんぜおん シャウクヮンゼオン【聖観世音】

仏語。七観音(千手・馬頭・十一面・聖・如意輪・准胝・不空羂索)または、六観音(七観音のうち不空羂索を除く)の一つ。普通の観音は、これをさす。左の手に蓮華(れんげ)を持ち、右手を開いた形をし、衆生を救済するために種々の身を現ずる大慈大悲の菩薩。聖観音。聖観自在菩薩。
※源平盛衰記(14C前)二九「咲(えみ)を含みて語って云、我は是妙大菩薩の神務輔佐の貫首〈略〉聖観世音(しゃうクンぜヲン)の化身也と云ふて隠れぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android