聴取率(読み)ちょうしゅりつ

  • ちょうしゅりつ チャウシュ‥
  • ちょうしゅりつ〔チヤウシユ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラジオ放送がどのくらい聴取者に聞かれているかを示す数字。ある時刻にある放送局の特定の番組や CMを聞いている人 (または世帯) の割合を示す。ラジオ受信機がポータブルになったうえ,バックグラウンド・ミュージック的な「ながら聴取」の傾向がふえ,聴取の個人化傾向も進んでいる。 (→視聴率 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ラジオなどの放送番組の聞かれている割合。その地域の全受信機数に対する、ある特定番組を受信した受信機数の割合をいう。
※放送ばなし(1946)〈和田信賢〉二「あらゆる番組を超越して、最も聴取率の高いものであった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の聴取率の言及

【視聴率】より

…どのテレビ局のどの番組をどれほどの人々が見たかについての推測値。ラジオは聴取率とよび,テレビの視聴率と合わせて聴視率という。ラジオはいまではパーソナル化が進行していて,調査はほとんどなされていない。…

※「聴取率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android