コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃歯 いし gastric tooth

4件 の用語解説(胃歯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胃歯
いし
gastric tooth

(1) 軟体動物の後鰓類の胃壁上にみられるやや硬い粒状体。十数個並び,食物を摩砕しつつそれ自身も摩耗して消化液に酵素を供給する。 (2) 節足動物十脚類の胃の内面にあるキチン質の突起。食物の破砕に関係する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

い‐し〔ヰ‐〕【胃歯】

エビなどの甲殻類の胃の内面にあるキチン質の硬い突起。食物を砕く役割をする。
軟体動物のアメフラシなどの胃壁にある粒状体。食物を砕くと同時に、消化酵素を出す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いし【胃歯】

ある種の甲殻類の胃の内面にあるキチン質の硬い突起。食物を砕く役割をする。
軟体動物のアメフラシなどの胃壁にある十数個の硬い粒状体。食物を砕くとともに、消化酵素を供給する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胃歯
いし

軟体動物後鰓(こうさい)類のアメフラシなどの胃壁上にある粒状の固い構造のこと。胃板ともいう。各種の消化酵素を含み、食物を摩砕するとともに、それ自体もすり減り、消化酵素を消化液中に放出する。軟体動物の二枚貝などにみられる胃楯(いじゅん)と相同であるといわれる。胃楯は消化酵素を含む晶体を摩耗し、酵素を供給するのに役だっている。
 なお、節足動物甲殻類のザリガニなどで胃の内面にあるキチン質の突起も胃歯とよばれ、食物の破砕に役だっている。[高橋純夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胃歯の関連キーワード野火呉織下に居るつっと同胞どっかとはも

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone