コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃歯 いしgastric tooth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胃歯
いし
gastric tooth

(1) 軟体動物の後鰓類の胃壁上にみられるやや硬い粒状体。十数個並び,食物を摩砕しつつそれ自身も摩耗して消化液酵素を供給する。 (2) 節足動物十脚類の胃の内面にあるキチン質突起。食物の破砕に関係する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

い‐し〔ヰ‐〕【胃歯】

エビなどの甲殻類の胃の内面にあるキチン質の硬い突起。食物を砕く役割をする。
軟体動物のアメフラシなどの胃壁にある粒状体。食物を砕くと同時に、消化酵素を出す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いし【胃歯】

ある種の甲殻類の胃の内面にあるキチン質の硬い突起。食物を砕く役割をする。
軟体動物のアメフラシなどの胃壁にある十数個の硬い粒状体。食物を砕くとともに、消化酵素を供給する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胃歯
いし

軟体動物後鰓(こうさい)類のアメフラシなどの胃壁上にある粒状の固い構造のこと。胃板ともいう。各種の消化酵素を含み、食物を摩砕するとともに、それ自体もすり減り、消化酵素を消化液中に放出する。軟体動物の二枚貝などにみられる胃楯(いじゅん)と相同であるといわれる。胃楯は消化酵素を含む晶体を摩耗し、酵素を供給するのに役だっている。
 なお、節足動物甲殻類のザリガニなどで胃の内面にあるキチン質の突起も胃歯とよばれ、食物の破砕に役だっている。[高橋純夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

胃歯の関連キーワード砂嚢・砂囊甲殻類エビ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android