コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡桃色 くるみいろ

色名がわかる辞典の解説

くるみいろ【胡桃色】

色名の一つ。クルミクルミの樹皮や果皮を染料として染めた淡い茶色。平安時代には、すでに布地や紙の染色に使われていた。かさね色目いろめの名でもあり、表は香色こういろ、裏は英名ウォルナット(walnut)はクルミの殻の色で、胡桃色とは由来が違う。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くるみいろ【胡桃色】

クルミの樹皮の煎汁で染めた青黒い色。
紙の色の一種。表は香こう色、厚いものは裏が白。 「(返歌ヲ)-の紙に書きて/蜻蛉
かさねの色目の名。表は香色、裏は青。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

胡桃色の関連キーワード平安時代染色煎汁蜻蛉布地色名果皮染料

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android