胴巻(き)(読み)ドウマキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胴巻
どうまき

長い旅をするとき、金銭ごまのはい、すり、巾着切(きんちゃくきり)にすられないよう腹部にしっかりと巻き付けておく細長い帯状の袋物。多く木綿でつくられていた。長い道中の安全を図るために考案された庶民の知恵で、胴巻の上に襦袢(じゅばん)、着物をつけ、その上から角帯を締め、大金の場合は帯の上からさらにうわじめを締めて胴巻が下がらないようにした。旅の最中は必要な金は財布に、こだし銭は早道(はやみち)(巾着、銭入れ)に入れておいた。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android