コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脂取り アブラトリ

大辞林 第三版の解説

あぶらとり【脂取り】

化粧をした顔の表面に浮きだしてくる脂をぬぐい取ること。また、そのための紙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脂取り
あぶらとり

昔話。人食い鬼から逃れることを主題にした逃走譚の一つ。旅人が村里離れた家で親切にされる。ある部屋をのぞくと、人が逆さにつるされ、脂をとられている。驚いて逃げ出し、途中の家にかくまってもらうが、追っ手にみつかる。そこではっと目が覚めたとある。夢語りの形式に特色がある。平安後期の『打聞(うちぎき)集』(1134)や『今昔(こんじゃく)物語集』には、慈覚(じかく)大師の中国での体験として、人をつるして血を絞り、その血で纐纈(こうけち)を染める纐纈城から逃げ出す話がある。類話は中国の『冥報記(めいほうき)』(650ころ)にあり、『今昔物語集』にも和訳されている。殉死した従者が、主人の命ごいで蘇生(そせい)し、冥界(めいかい)で主人が脂をとられているところを見たことを語ったとある。当時の口語りの説話の記録である。脂取りは地獄の責め苦の一種で、仏教説話に散見する。地獄のようすは蘇生譚や夢語りのなかで説かれることも多く、この昔話も、死の世界への訪問譚から転化したものであろう。日本では現実化され、現世の異人の家でのできごととしているが、明治初年、文明開化に伴い、脂をとられる、血を絞られるという風聞がまことしやかに流れたのも、昔話の伝統の再生である。[小島瓔

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

脂取りの関連キーワード化粧表面

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android