コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脩子内親王 しゅうしないしんのう

1件 の用語解説(脩子内親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

脩子内親王 しゅうしないしんのう

997*-1049 平安時代中期,一条天皇の第1皇女。
長徳2年12月16日生まれ。母は藤原定子(ていし)。敦康親王,媄子(びし)内親王の姉。長徳3年内親王となる。寛弘(かんこう)4年(1007)一品(いっぽん)にのぼり,准三宮(じゅさんぐう)となる。父天皇の死後,叔父藤原隆家のもとに身をよせ,治安(じあん)4年出家。永承4年2月7日死去。54歳。通称は入道一品宮。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

脩子内親王の関連キーワード成宗ゲーザ特別支援学校の統合秦観政府債務一柱寺文同レオ[9世]伊勢大輔皇慶

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone