コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脾性貧血 ひせいひんけつsplenic anemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脾性貧血
ひせいひんけつ
splenic anemia

バンチ症候群ともいう。 1882年に G.バンチが,初期に貧血,白血球減少,出血を伴う脾腫があり,中間期肝腫大,最終期に肝萎縮と腹水がたまる疾患を報告した。その原因は脾臓にあるとしたため,バンチ症候群または脾性貧血と呼ばれるようになった。しかしその後の研究によって,この変化は門脈高血圧 (→門脈圧亢進症 ) があるために起ることが判明した。したがって,アメリカ・イギリス派の学者を中心に慢性うっ血性脾腫とも呼ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

脾性貧血の関連キーワードバンティ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android